広島 大学 人間 社会 科学 研究 科。 人間社会科学研究科

研究科長挨拶

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

Relationship between Ability-Based Emotional Intelligence, Cognitive Intelligence, and Job Performance, SUSTAINABILITY, 11巻, 8号, pp. 2018年07月01日, 2019年02月28日, フレンスブルク大学, 教育科学部, 客員研究員• 広島県科学賞委員会副委員長, 2013年10月, 2014年09月, 広島県立教育センター• 東広島市西条盆地およびその周辺地域の魚類相, 広島大学大学院教育学研究科紀要第二部, 59巻, pp. 360度画像を活用したバーチャル観察教材の開発, 雜賀大輔,吉冨健一,竹下俊治, 日本理科教育学会第69回全国大会, 2019年09月22日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本理科教育学会, 静岡• 全国社会科教育学会• 84-94, 2016年03月• The onset of crawling heralds changes in mother-infant interaction. 学校評議員, 2017年04月, 2018年03月, 広島県立尾道東高等学校• 1998年03月, 環境との共生をめざして , 広島大学学校教育学部環境教育実践学研究会, 1998年, 03, 単行本(一般書), 共編著, 石橋 昇 河部本悟 古賀 信吉• 3-23, 2008• 【学士課程】 教育学部 : 第一類(学校教育系)• 121-127, 20060320• 地衣藻の培養, 竹下 俊治, 地衣類研究発表会, 1988年12月, 招待, 日本語 受賞• 21-29, 20000601• 85-94, 2015年12月• 1週間キャンプがADLに与える効果についての検討-FIMによる評価-, 石倉健二, 東川博昭,船橋篤彦, 日本リハビリテイション心理学会2016年大会, 通常, 日本語• 場所の最大特徴を認識する地理学習-大正自由教育の『学習法』理論に基づいた発展的実践-, 永田忠道, 全国社会科教育学会第44回研究大会, 1995年10月29日, 通常, 日本語, 全国社会科教育学会, 佐賀大学 受賞•。 国際経営 所属学会• 不確実性の高い時代におけるリーガルマインドの育成:小中学校社会科の体系的・連携的アプローチ, 学部・附属学校共同研究紀要, 46巻, pp. 2021年, 学部専門, セメスター(後期),• 65-66, 20100331• わが県の情報 ここに「この授業あり」 178 大分県の巻, 社会科教育, 50巻, 1号, pp. 学校運営協議会委員, 2019年06月, 2020年03月, 広島県立尾道東高等学校• 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期),• 『初任者の授業力向上のための実践ハンドブック』の開発, 広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書, 13号, pp. 愛知県教育職員免許法認定講習講師, 2015年04月, 2015年09月, 愛知県教育委員会• 事務局員, 2017年04月01日, 2018年03月31日, 初等教育カリキュラム学会• 非常勤講師, 2015年10月, 2016年03月, 広島市立大学• (財)国際貿易投資研究所, 2018年05月, 2019年03月, ミャンマー研究会委員長• 第61回日本生態学会大会, 高校生ポスター発表委員, 2014年03月• 2013年, APA心理学大辞典, 培風館, 2013年, 事典・辞書, 共訳• 【学士課程】 教育学部 : 第五類(人間形成基礎系)• 93-98, 2018• 社会科教育史研究の体系化試案-全社学プロジェクトの提案と議論をもとに-, 永田忠道, 全国社会科教育学会第58回全国研究大会, 2009年10月10日, 通常, 日本語, 全国社会科教育学会, 弘前大学• 日本リハビリテイション心理学会, 事務局長, 2010年 その他社会貢献活動(広大・部局主催含)• タイ日系製造業における人材育成の研究:日本の現場監督者との比較において, 国際協力研究誌, 20000401• 非常勤講師, 2014年12月, 2015年03月, 愛知教育大学• 381-390, 2020• 学生のアウトリーチ活動:体験塾センス・オブ・ワンダーin福富の例, 学校教育実践学研究, 9巻, pp. 身近な素材を用いた教材・教具の開発-自作顕微鏡の構造と機能-, 学校教育実践学研究, 17巻, pp. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 病弱指導法概論• 愛知県教育職員免許法認定講習講師, 2016年04月, 2016年09月, 愛知県教育委員会• 広島県特別支援教育指導委員会委員, 2015年05月, 2016年05月, 広島県教育委員会特別支援教育課• 103-110, 20180300• 2021年, 学部専門, セメスター(前期),• 世界各地の様子を想像して地図上で様々な社会を創造する, 社会科教育, 53巻, 7号, pp. 13-16, 20130410• 279-284, 2011• Petersen Trebouxiophyceae, Chlorophyta の生活環の再検討, Hikobia, 17巻, 1号, pp. 266-268, 20060101• 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期),• Internal corporate social responsibility and organizational creativity: An empirical study of Vietnamese small and medium-sized enterprise, INTANGIBLE CAPITAL, 15巻, 3号, pp. 広島県立広島特別支援学校学校運営協議会委員• 子どもの多様化と多様性による社会認識カリキュラムの再構築-東アジアと欧州における初等中等教育の比較と歴史をもとに-, 永田忠道, 全国社会科教育学会第62回全国研究発表大会, 2013年11月10日, 通常, 日本語, 全国社会科教育学会, 山口大学• 2002年09月, 社会科教育へのアプローチ-社会科教育法-, 現代教育社, 2002年, 09, 単行本(学術書), 共編著• 1997年11月, 広島県植物誌 , 中国新聞社, 1997年, 11, 単行本(学術書), 共編著, 関 太郎 豊原 源太郎 , 832• 広島大学特別支援学校教諭免許認定講習会講師, 2016年12月, 2016年12月, 広島大学大学院教育学研究科• 427-451, 19910501• 2001年03月, Alleviating regional disparity between the Bangkok Metropolitan Area and the Northeastern region: A case of the Kingdom of Thailand , The Japan Society for International Development, 2001年, 03, 共編著, 高橋 与志• 基本情報 主な職歴• 515-520, 20051114• 大正自由教育期における歴史授業改革-奈良女子高等師範附属小学校での実践を中心に-, 大分大学教育福祉科, 26巻, 2号, pp. 77-83, 20151218• とくにサステナビリティと平和な世界の構築は人類的課題です。

松田 充 (大学院人間社会科学研究科)

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

非常勤講師, 2019年10月, 2020年03月, 広島市立大学• 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期),• 非常勤講師, 2018年10月, 2019年03月, 広島市立大学• 修士(教育学) 広島大学• 課題対応型エキスパート教員養成プログラムの構築研究 : 学部・大学院・附属の連携を通して, 広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト報告書, 17巻, pp. 2014年, よくわかる情動発達, ミネルヴァ書房, 2014年, 教科書, 共著, 978-4-623-06344-4, 221, 8• 2003年04月01日, 2007年03月31日, 大分大学, 教育福祉科学部, 助教授• 2021年, 博士課程・博士課程後期, 年度,• 療育の場に同伴する障がい児のきょうだいに関する研究, 愛知教育大学研究報告, 63巻, pp. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度,• 学校評議員, 2018年05月, 2019年03月, 広島県立尾道東高等学校• 53-55, 20020301• 1999年08月, 社会科教育学研究-方法論的アプローチ入門, 明治図書, 1999年, 08, 単行本(学術書), 共編著 招待講演、口頭・ポスター発表等• 2016年10月, 特別支援教育総論-インクルーシブ時代の理論と実践-, 北大路書房, 2016年, 教科書, その他• 2010年, こころのケア-臨床心理学的アプローチ-, 学術図書出版社, 2010年, 教科書, 共著• 高等学校における特別支援教育の在り方とその課題について-通級による指導の実施体制整備に関する調査-, 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要, 17号, pp. 日本植物学会第62回大会, プログラム担当, 1998年09月• 学校関係者評価委員, 2017年04月, 2018年03月, 広島県立広島特別支援学校• 2021年, 学部専門, セメスター(後期),• 1990年04月01日, 1994年03月31日, 株式会社日経BP, 高等教育機関以外• 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期),• On the Determinants of Inequality in Education, IDEC DP2 Series, 2巻, 16号, 201211• 非常勤講師, 2019年09月, 2020年03月, 広島女学院大学• 非常勤講師, 2016年04月, 2017年03月, 県立広島大学• 投影型顕微鏡の開発と活用, 雜賀大輔,竹下俊治, 雜賀大輔,竹下俊治, 日本理科教育学会第63回全国大会, 2013年08月, 通常, 日本語, 日本理科教育学会, 札幌• 1 in Hiroshima University, 1巻, pp. 2014年07月11日, からだの動きを学習しよう-肢体不自由児への今日から使える自立活動の手立て-, 三恵社, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 森崎博志;小柳津和博;船橋篤彦• 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 重複障害教育方法論• 319-324, 2010• 4-6, 20120401• 小学校「社会科」の授業づくりはこう変わる, 社会科教育, 55巻, 3号, pp. 非常勤講師, 2013年10月, 2014年03月, 広島市立大学• 世界・国土空間編成に対抗する地理カリキュラム-初等教育における郷土教育実践の再検討-, 永田忠道, 全国社会科教育学会第57回全国大会, 2008年10月25日, 通常, 日本語, 全国社会科教育学会, 宮崎大学• 肢体不自由教育の専門性向上に関する現状と課題 1 -自立活動の専門性向上に向けた予備的検討-, 特別支援教育実践センタ-研究紀要, 14巻, pp. グローバル化する環境問題に焦点を当てた『グローバル社会学習』の研究-附属小学校3校の連携を生かして-, 広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 44号, pp. 理科におけるアクティブラーニング型授業の構造化, 沓脱侑記,梶山耕成,佐々木康子,西本宏典,内海良一,平松敦史,井上純一,樋口洋仁,杉田泰一,山本唯,浅海詩織,松浦拓也,竹下俊治,磯﨑哲夫, 日本理科教育学会第69回全国大会, 2019年09月22日, 通常, 日本語, 一般社団法人日本理科教育学会, 静岡• 第7回全国社会科教育学会・韓国社会教科教育学会研究交流, 常任理事, 2017年08月, 2017年08月• 2021年, 学部専門, 通年,• メコンサプライチェーン研究会委員, 2017年04月, 2018年03月, (財)国際貿易投資研究所• 会計幹事, 2003年04月, 2017年12月, 地衣類研究会• 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム,• 日本理科教育学会評議員, 2015年04月, 日本理科教育学会• 心理リハビリテイションスーパーヴァイザー, 2016年03月, 2016年03月, 九州大学大学院人間環境学府附属総合臨床心理センター• 2007年11月, The Edward Tuckerman Award, American Bryological and Lichenological Society, The Edward Tuckerman Award 作品・演奏・競技等• 探究的・研究的な見方・考え方を働かせるヨーロッパ学習への期待, 新地理, 68巻, 2号, 202009• 25-30, 20130200• 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム,• 郊外探検・調査による『社会研究』学習-大正自由教育期における長野師範附小の『研究学級』の実践-, 永田忠道, 1997年09月27日, 通常, 日本語, 日本社会科教育学会, 宮城教育大学• マイマップを利用した植物図鑑の作成, 石原悠作,今村亮介,潘祐佳,堀田晃毅,竹下俊治, 日本生物教育学会第102会全国大会, 2018年01月06日, 通常, 日本語, 日本生物教育学会, 熊本市• 社会科教育史研究の射程と体系-プロジェクト研究での議論をもとに-, 社会科教育論叢, 47号, pp. 学部-附属連携に基づく小・中一貫カリキュラムの研究, 大分大学教育福祉科学部教育研究所報, 38号, pp. タイ日系自動車企業における教育訓練体系:技術移転の方法論としての視点を中心に, 国際開発研究, 12巻, 1号, pp. 地衣類研究会第42回大会(広島), 大会実行委員長, 2013年08月• 37-47, 19990601• スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員, 2013年06月, 2017年03月, 広島県教育委員会• 9-16, 20210319• 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム,• ねらいについての議論 aim-talk ができる実践家の育成を目指した学部社会科教員養成プログラム, 谷田部玲生,工藤文三,棚橋健治,小山茂喜,桑原敏典,鴛原進,永田忠道,渡部竜也,竹中伸夫, 全国社会科教育学会第64 回全国研究大会, 2015年10月11日, 通常, 日本語, 全国社会科教育学会, 東広島市• 1-4, 19911201• Materials for the Distribution of Lichens in Japan 19 Leiorreuma yakushimense M. 44-53, 20140331• 科学研究費助成事業 基盤研究 B , 指導法と教科内容を統合した養成・研修一貫プログラムによる社会科授業力育成研究, 2012年, 2016年• 49-55, 20020301• 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム,• 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 教育科学専攻 : 教師教育デザイン学プログラム• 常任理事, 2018年04月01日, 2019年03月31日, 日本生活科・総合的学習教育学会• 教育方法学、授業研究、教授学 所属学会• 118-123, 19960301 著書等出版物• Analysis and Interpretation of lessons with the Collaboration between University and School: Historical approach to the Lesson Study in Japan and a Case Study for the integrated perspectives, 2016年09月04日, 通常, 英語• 非常勤講師, 2015年09月, 2016年03月, 広島女学院大学• 2021年, 修士課程・博士課程前期, 集中, 教育実習• の内容を更新しました。 博士課程前期 教育科学専攻教師教育デザイン等プログラム 特別支援専修免許科目 科目区分 授業科目 配当年次 開設単位数 履修区分 プログラム専門科目 特別支援専修免許科目 特別支援教育学特論 1 2 選択必修 特別支援教育実践研究 1 2 発達障害指導法特論 1 2 コミュニケーション障害指導法特論 1 2 重複障害指導法特論 1 2 視覚障害指導法特論 1 2 視覚障害学演習 1 2 視覚障害心理学特論 1 2 聴覚障害指導法特論 1 2 聴覚障害学演習 1 2 聴覚障害心理学特論 1 2 知的障害指導法特論 1 2 知的障害学演習 1 2 知的障害心理学特論 1 2 肢体不自由指導法特論 1 2 肢体不自由心理学特論 1 2 病弱教育学特論 1 2 病弱生理・病理特論 1 2 特別支援教育ファシリテーション論 1 2 年度 修士論文題目 2012 小学校における特別支援学校のセンター的機能の活用に関する研究-特別支援教育コーディネータが考える自校の支援体制づくりと特別支援学校のセンター的機能の活用の検討を通して- 肢体不自由児が学習場面で上肢を操作しやすい座位姿勢 障害受容過程における保護者のニーズ変容に対する教員の認識と支援 当事者の視点に配慮した自閉症児への指導の試みに関する研究-自閉症スペクトラム当事者の自伝の解釈を通して- 漢字の書字が困難な子どもの類型化に関する研究 聴覚障害生徒における文章要約時の使用方略-マクロルールに焦点を当てて- 2013 知的障害者の外出に関する余暇活動について-本人が身につけるべきスキルと余暇教育- 幼児期から学齢期への移行期における支援の継続に関する研究-児童発達支援センターから小学校への移行に焦点を当てて- 漢字書字困難のある児童・生徒に対するiPadを使用した新たな指導法に関する実証的研究-漢字書字学習のためのアプリケーションソフトの使用について- 2014 重度・重複障害教育に携わる教員の専門性とモチベーションに関する研究 特別支援学校(聴覚障害)高等部における英語科指導に関する検討-聴覚障害生徒の実態に応じた指導の在り方について- 後期中等教育修了後の盲ろう者を対象にした日常生活スキルの評価尺度の開発に関する研究 集団保育における障がいのある子どもへの支援に関する研究-保育所(園)での個別の(教育)支援計画に焦点を当てて- 2015 弱視教育におけるタブレット端末の活用法-理科授業を中心とした研究- 特別支援学校(知的障害)教員のコミュニケーション能力の調査と校内研修プログラムの開発 白杖歩行における偏軌に関する研究 通常の学級における学習困難児への算数指導-多様な教育的ニーズに応じた実践における効果の検証- 2016 知的障害のある児童への挨拶の指導に対する一事例研究-対象児に適した支援方法の選択・利用と対人関係の変化に着目して- 吃音指導の効果についての検討-一事例研究のメタ分析を通して- 知的障害のある児童の「遊びの指導」の授業づくりに関する研究-教師を対象とした研修プログラムの検討を通して- 小学校特別支援学級担任者の職務と専門性に関する研究-担任者の成長を支える組織のあり方- 吃音のある人のハーディネスとレジリエンスに関する研究-コミュニケーション態度との関連から- 点字触読指の軌跡に関する研究 要経過観察幼児の保護者へのインターネットを用いた支援システムの構築に関する研究 発達障害のある大学生の就職支援に関する研究-大学と支援機関の連携のあり方の検討- 2017 重度・重複障害児の「健康」を育む教育実践~子どもの「学び」を引き出す教育実践に向けて~ 吃音生起に関わる音声学的要因が吃音者の音読成績や発話困難性に与える影響 2018 小学校特別支援学級担任者の協働的職務認識の形成に関する研究-複線径路・等至性モデリング(TEM)を中心とした質的・量的分析- 知的障害特別支援学校における学習評価を活用した組織的な授業改善と教育課程の改善-主体的・対話的で深い学びの実現に向けた生活単元学習の在り方- 中華人民共和国の知的障害教育に関する実証的研究-培智学校の数学科授業の授業研究- 音楽活動を行う視覚障害者における点字楽譜の役割と課題 中国西南地域の小学校における「随班就読」の実態と課題に関する研究 2019 中国四川省における特別支援学校の教員のバーンアウト要因に関する研究-児童生徒との人間関係及び教師効力感のとの関連から- 聴覚障害生徒に対する音楽科指導の実態と課題-中学校の通常の学級における事例をもとに- 聴覚障害児の文字操作力に関する研究 高等学校における通級による指導の実施体制についての現状と課題 公立小学校における障害に関する授業の実施状況と課題-担当教員に対する調査を通して- 学齢期の自閉症の親のストレスに関する研究 特別支援学校(知的障害)高等部の作業学習における自己評価の螺旋的発達を促す授業づくりに関する研究-「対話による学習の方向づけモデル」の実践的検討 発達障害者の職能成長を促す支援に関する研究-複線径路・等至性モデリング(TEM)を中心とした質的・量的分析- 2020 中華人民共和国における視覚障害のある大学生の学習上の 困難と支援-長春大学の講義おける学生のタブレット端末 の利用の効果- 中国おける聴覚障害児童生徒の動詞及び形容詞、副詞の使用傾向に関する研究-作文の分析を中心として- 中国における聴覚障害のある学生に対する就労支援の在り方-在学生・卒業生を対象とした調査を基に- 自閉症スペクトラム症児・者のきょうだいのための支援プログラム開発に関する基礎的研究 中国(福建省)の特別支援学校(知的障害)のキャリア教育・職業教育に関する研究-学校と企業との連携・協働の現状と課題、背景と要因の分析- 中心視と偏心視が文字知覚の処理に与える影響について-偏心視による読書を強いられる視覚障害のある人々のための読書支援法の確立に向けて- 博士論文題目 年度 論文名 2012 特別支援教育コーディネータからの支援による学級担任の認知の変容に関する研究 2013 盲字に対する点字読み指導に関する研究-点字読み熟達者の手の使い方の分析を通して- 2014 特別支援教育における作業療法士と教員の協働に関する研究-評価と実践の発展- 2017 弱視者の視覚特性に最適なデジタル・リーディングの要件に関する研究 2018 FACTORS INFLUENCING THE QUALITY OF PEOPLE WITH INTELLCTUAL DISABILITIES IN DENMARK AND JAPAN FROM THE PERSPECTIVE ON PERSONAL AND ENVIRONMENTAL CHARATERISTICS 2019 姿勢・移動運動と環境との相互作用の生涯発達に関する研究-「動作」による定型発達者と肢体不自由者の統合的理解 白杖歩行のベアリングに関する基礎的研究-歩行速度と白杖の反響音の視点から- 2020 吃音のある子どもを持つ父親・母親の養育過程に関する研究-養育における夫婦の協働感・相互協力と専門家の介入が及ぼす影響について-. 編者, 2019年07月, 2020年07月, 協同出版株式会社• 探究に向かう生徒を育てる教科と総合の課題発見・解決学習推進プロジェクトの意義と課題, 平成30~令和2年度広島県立吉田高等学校「高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト」報告書, pp. 49-64, 199905• 362-365, 20191220• 社会科授業研究の伝統と渾沌-多様性の中での協働による研鑚を求めて-, 永田 忠道, 社会系教科教育学会第24回研究発表大会, 2013年, 通常, 日本語• 広島大学, 国際協力研究科, 開発科学, 日本, 1996年04月, 2000年03月 学位• 特別支援学校におけるコンサルテーション活動, 船橋篤彦, 日本特殊教育学会第46回大会, 2008年, 通常, 日本語• 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期),• 日本藻類学会, 1986年04月 教育活動 授業担当• 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 国際経済開発プログラム 担当主専攻プログラム• 地衣類の共生関係に着目した実験教材の開発, 橋口晃亮,竹下俊治, 地衣類研究会第46回全国大会, 2017年08月26日, 通常, 日本語, 地衣類研究会, 佐賀県佐賀市• 障がいのある人達の「からだ」から「こころ」を支える, 広島大学大学院心理臨床教育センター紀要, 14巻, pp. 194-203, 20201215• 2020年, リハビリテイション心理学研究, その他, 査読者, 1• 2021年, 学部専門, 4ターム,• ・ 分野専門型学位プログラム 専門分野を深く掘り下げるとともに,学生が他の分野も視野に入れることにより,専門分野以外への関心を深め,他分野の専門家と価値を共有しつつ,協働してその実現に取り組む能力を身に付ける学位プログラム ・ 融合型学位プログラム SDGs等の世界目標や人文科学・社会科学的視点から解決すべき国内外の課題を理解し,学問分野の垣根を超えたアプローチが必要な研究テーマを設定して,その解決を目指す。 。

10

大学院|広島大学大学院人間社会科学研究科 特別支援教育学領域

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

広島大学大学院人間社会科学研究科 附属教育実践総合センター

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

。 。

ゼミ生

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

。 。

竹下 俊治 (大学院人間社会科学研究科)

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

。 。

竹下 俊治 (大学院人間社会科学研究科)

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

。 。 。

13

人間社会科学研究科の特色

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

。 。

竹下 俊治 (大学院人間社会科学研究科)

大学 科 社会 広島 研究 人間 科学

19