聞く 聴く 訊く。 「聞く」と「聴く」と「訊く」の意味の違いと使い方

聞く、聴く、訊く。正しく使えばぐずりも解消! 育児に大切な「きく」 の3種類とは?

訊く 聞く 聴く

これも、耳を使って「きく」ことを意味しますよね。

19

聞く・聴く・訊くの違い

訊く 聞く 聴く

「聴診器」や「音楽の視聴」という言葉を思い浮かべると、意味がつかみやすくなります。 聞〔一般用語〕意見・考え・要求を聞く、うわさを聞く、聞き捨て、聞き取り調査、聞き流す、聞く耳持たぬ、立ち聞き、盗み聞き、話し声を聞く、胸の内を聞く、物音を聞く 聴〔特殊用語。 次に、聴くというのは、耳を傾けてしっかりと聞くということを意味しています。

11

「聞く」「聴く」「訊く」の違い

訊く 聞く 聴く

例えば「母親の言うことを聞く」や「要求を聞く」などの表現があります。 「聞く」「聴く」に関連する熟語やことわざを紹介しました 「聞く」と「聴く」関連の英語表現 「聞く」は英語で「hear」、「聴く」は英語で「listen」と表せます。 鳥が鳴いているのが聞こえた A bird was heard singing. (酒の場合は「利く」とも書きます。

2

【聞く】と【聴く】と【訊く】の意味の違いと使い方の例文

訊く 聞く 聴く

「聞く」の使用例• 育児では、「子どもの話をきくのは大事ですよ」と言われていますが、では、その「きく」って、どんなきくなのでしょうか? 育児に関係する「きく」には、聞く、聴く、訊くの3種類があります。

2

聞く、聴く、訊く 3つの「きく」

訊く 聞く 聴く

また、コミュニケーションを深める際に大切な姿勢は、「聞く」「訊く」のではなく「聴く」態度です。 「聞く」と「聴く」の意味と違いとは? 「聞く」とは「音や声が耳に入る・その内容を知る」という意味 「聞く」とは、音や声が耳に入る、あるいはその内容を知るという意味です。 何度も人から聞いて知るよりも、実際に自分の目で確かめた方がよく理解できるという意味です。

「聞く」「聴く」「訊く」

訊く 聞く 聴く

「百聞は一見に如かず(ひゃくぶんはいっけんにしかず」のことわざで用いられる言葉です。 聞くというのが耳に入ってくる音声を何とはなしに受け止めることで、聴くというのは耳に入ってくる音声を能動的に理解しながら把握するという、態度の違いです。 「聴く」に関連することわざや慣用句 「聴く」はビジネスシーンでは大切な言葉ではありますが、ことわざや慣用句ではあまり使われていません。

8

「聞く」「聴く」「訊く」の意味の違いと使い分け

訊く 聞く 聴く

そして自分の質問に対しての答えを「訊く」。

14

「聞く」と「聴く」と「訊く」、この3つの違いとは?

訊く 聞く 聴く

心を集中させてしっかりと耳に入れること・心に響くようなものを耳にとめることを表します。

11