宇宙 基本 計画 工程 表。 宇宙基本計画

「宇宙基本計画工程表」策定へ 内閣府|電波タイムズ

表 宇宙 工程 基本 計画

宇宙基本計画(令和2年6月30日 閣議決定• 工程表(平成30年12月11日 宇宙開発戦略本部決定• このほか衛星については、国産衛星のフルデジタル化などを進め、より競争力のある衛星開発をめざす取り組みも行う。 豪雨災害や大規模地震などの災害時の被災状況を迅速に把握し、被災者への避難情報の提供に役立てるシステムを整備する。 (内閣府)』。

19

宇宙開発戦略本部が、令和元年度改訂の「宇宙基本計画工程表」を決定|ニュース/アーカイブ|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト

表 宇宙 工程 基本 計画

こを踏まえた新たな技術試験衛星を平成33年度をめどに打ち上げることを目指す。

9

宇宙基本計画

表 宇宙 工程 基本 計画

宇宙基本計画(平成28年4月1日 閣議決定• 国際社会では近年、民間の宇宙産業による小型人工衛星、ロケット開発、衛星データ利用の分野などへの進出が急拡大している。 工程表(平成28年12月13日 宇宙開発戦略本部決定• 工程表(令和元年12月13日 宇宙開発戦略本部決定• 引き続き、日本の宇宙技術が発展し、国民に役立つよう訴えていきたい」と強調している。

7

「宇宙基本計画工程表」策定へ 内閣府|電波タイムズ

表 宇宙 工程 基本 計画

「衛星測位」の項では『準天頂衛星初号機「みちびき」の設計寿命が到来する平成32年度以降も確実に4機体制を維持すべく、平成27年度からみちびき後継機の検討に着手する。 また、日本独自で月面へのピンポイント着陸をめざす小型月着陸実証機「SLIM」を22年度に打ち上げる目標を盛り込んだ。

2

宇宙開発戦略本部が、令和元年度改訂の「宇宙基本計画工程表」を決定|ニュース/アーカイブ|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト

表 宇宙 工程 基本 計画

この中には、宇宙探査の推進や民間企業の参入を促す環境整備、災害時における人工衛星の活用などの取り組みが盛り込まれている。 さらに、台風や集中豪雨の予測、火山監視といった国民の安全・安心を確保する気象観測体制の確立をめざすとし、29年度をめどに、ひまわり9号の後継機の運用を開始するとした。

7

宇宙開発戦略本部が、令和元年度改訂の「宇宙基本計画工程表」を決定|ニュース/アーカイブ|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト

表 宇宙 工程 基本 計画

工程表においては、衛星のデータを狙ったサイバー攻撃の予防策をまとめた指針を21年度に策定することを明記した。

6

「宇宙開発、日本も加速へ 基本計画工程表を改訂」(公明新 聞2021/01/05 3面より) : ブログ : 公明党 広島市議会議員(西区) 田中まさる

表 宇宙 工程 基本 計画

世界における宇宙産業の市場規模は現在の約40兆円から、40年代には100兆~300兆円になるとの推計もあるほどだ。 宇宙開発へ果敢に挑む宇宙基本計画のさらなる加速をめざす工程表の概要を解説する。

3

「宇宙基本計画工程表」策定へ 内閣府|電波タイムズ

表 宇宙 工程 基本 計画

同委員会の新妻秀規事務局長(参院議員)は工程表改訂について、「官民連携の強化や災害時に宇宙技術を活用することなど公明党の主張も多く反映されている。 こうした中で、人工衛星などを狙ったサイバー攻撃の懸念が民間企業参入の妨げになっているとの問題がある。 他には、宇宙利用の一層の拡大として、静止軌道に配置したみちびき衛星が提供する衛星安否確認サービス「Q-ANPI」の機能強化を図ることや、電子基準点等による高精度測位と高精度3次元地図を整合させ、高精度に位置を特定できる共通基盤となる位置情報プラットフォームを2020年度から順次社会実装していくことなども、今後の取り組みとして示されました。

11

宇宙基本計画

表 宇宙 工程 基本 計画

工程表(令和2年12月15日 宇宙開発戦略本部決定 (参考)これまでの宇宙基本計画等• また、人工衛星の脅威となるスペースデブリ(宇宙ごみ)を抑制し、地球軌道上で安全に事業を実施する際のルール作りについても、21年度中をめどに中長期的な取り組みの方針を策定するとした。 また『衛星通信・衛星放送』の項では『通信・放送衛星に関する技術革新を進め、最先端の技術を獲得・保有していくことは、わが国の安全保障及び宇宙産業の国際競争力の強化の双方の観点から重要である。

14